疲れた肩や首を癒す!家庭で簡単に使えるネックマッサージャーのミニ知識

当サイトでは疲れた肩や首を癒す、家庭で簡単に使えるネックマッサージャーのミニ知識をご紹介しています。
体の疲れが気になる人にお勧めのアイテムなので、気になる肩や首を癒したいときには使ってみるとよいかもしれません。
医療機器から雑貨まである首や肩のマッサージャーの選び方も解説しています。
色々なタイプがあるなかから、自分に合ったものを見つけましょう。
マッサージャーは形状によって使い方が異なることに関しても触れているサイトです。

疲れた肩や首を癒す!家庭で簡単に使えるネックマッサージャーのミニ知識

家で肩や首を癒したい、と考えている人もいるのではないでしょうか。
そのような場合にはネックマッサージャーの知識を押さえて、有効活用するのがおすすめです。
首のあたりが凝ったというときに役立つネックマッサージャーには枕タイプのものや首からかける形になっているもの、それからハンズフリーで起きたまま使えるものがあります。
揉み玉が動いて圧力が感じられるものが多く、温まる機能は付いている製品と付いていない製品があります。

温熱ヒーター付きネックマッサージャーで期待できる効果

ネックマッサージャーはその名の通りに、首の疲れを癒してくれるマッサージ機のことです。
首は太い血管が通っていることと、手や足に比べて年中露出しているため冷えやすく、温めることで首だけではなく肩や背中の疲れを取ることも可能なのです。
そして販売されているネックマッサージャーには、単に揉み解しができるものから、温熱ヒーター機能が付いているものまであります。
温熱ヒーターが首に当たることによって、冷え性の方の血流改善にもなりますし、体が温まることで体の緊張も解けて、睡眠の質が高まるという効果も期待できるのです。
慢性的な肩周りの凝りに悩んでいる方というのは、肩用のマッサージ機を使いがちですが、実は首を温めてもみ解すことによって肩や背中の凝りにも働きかけるため、つらい肩こりで悩んでいるという方はぜひ購入を検討されてはいかがでしょうか。
ただし購入の際には医療器具としての効果を期待するのか、単なるリラクゼーション効果があるものなのか、商品で目的が違うためご注意ください。

ネックマッサージャーを効果的に使うコツ

新型コロナウイルス感染症の影響で、「おうち時間」が長くなったことにより、家で出来る趣味が増えた分、長時間のスマホ弄りや動画視聴などで動く機会が減り、体の凝りに悩まされているという方もいらっしゃることでしょう。
そこで、マッサージ機、ここではネックマッサージャーの効果的な使い方をご紹介しますので、ぜひ今後の参考にされてみてください。
ネックマッサージャーは、体の中でも露出しており、冬場や夏場にクーラーで冷えやすい首を癒してくれるアイテムです。
ですが筋肉が縮んだ状態で使用すると、余計に血行を悪くする可能性もあるため、使用前にお風呂に入って体を温めておくのがおすすめの使用タイミングです。
お風呂ではなくとも、温めたタオルを首に当てた後に使用するのもおすすめです。
また、リラックスするためにも締め付けの少ない洋服で行うとよいでしょう。
締め付けのない服を着て使用することで、血流改善にもなるのです。
そしてもみ玉を当てる場所も重要です。

ネックマッサージャーの使用時間と得られる効果

電子機器と向き合う時間が多い現代では、首の疲れは肩こりや腰痛、目の疲れなど様々な要因と関係しています。
ネックマッサージャーはその名の通り、首をマッサージすることで疲れを軽減させることができる機器です。
首の疲れやコリは、姿勢の悪さから来る筋肉への負担や、目の使いすぎによる影響が主な原因です。
ネックマッサージャーは適度な刺激を与えることで、滞った血流を改善し、硬くなった筋肉をほぐす効果が得られます。
適切な使用時間はマッサージの強さや揉み方などで異なりますが、一般的に15分程度です。
それ以上の時間を使用してしまうと、筋肉や神経に過度な刺激が与えられ、逆効果になってしまうこともあります。
15分で自動的に電源がオフになる機能が付いているネックマッサージャーも多いので、何かほかの作業を行いながら使用する場合に便利です。
オートパワーオフ機能が付いていない場合は、時間をチェックしながら使用すれば、首に負担をかける事態を避けられます。

ネックマッサージャーの重量と選ぶポイント

ネックマッサージャーは首周辺の筋肉のこりをほぐすことができる健康美容グッズの一つです。
首回りは大きな血管があることから自分でマッサージを行うのは難しく、変に力を入れてしまうと逆に寝違えたようになってしまい、症状が重くなってしまいます。
このようなことが起こらないようにネックマッサージャーを使用しますが、選ぶ場合は機能と重量に注目することが大切になります。
ネックマッサージャーには、管理医療機器と雑貨の2種類があります。
雑貨であっても多機能なものは多く、もみ玉のようなものが6つついているものも多いです。
一般的に多数の機能が搭載されていると重量は重くなる傾向があるため、首への負担も考えて1kg前後のものを選ぶと良いでしょう。
操作性に関してはボタンを押す位置が見えやすいものが良く、コードレスタイプだと使い勝手も良いです。
さらにカバーを外して洗えるタイプのものを選ぶことで、清潔な状態を保つことができます。

著者:坂元守一

筆者プロフィール

静岡県浜松市生まれ。
長年悩まされた肩こりをネックマッサージャーで解消。
その魅力を記事にまとめました。
ネックマッサージャー